自分で用意しておきたい必要な持ち物


画像参照元:https://stylehaus.jp/articles/6085/

派遣のキャバクラ嬢は、お店に出勤してから、そのお店にいるヘアメイクさんに髪の毛やお化粧などを整えてもらうことも可能です。
お金がかかるケースもあれば、かからないお店もありますね。

でも、やっぱりお仕事をする時には、自分の愛用しているメイク道具などを持っていきましょう。
お化粧直しにも使えますし、何かと必要になりますから。

それを入れるポーチも持っていると便利です。
そこに、ストッキングハンカチライター筆記具名刺入れなどを入れておけばパーフェクト!

一応ですけど、ライターはお客様のタバコに火をつける用で、筆記具は空白の名刺に名前を入れたりする時用、お客様から名刺をいただいたらそれを入れるために名刺入れを持っておく、そんな感じで必要になります。

それと、一応身分証も持って行くようにしてください。
派遣会社に登録した後は改めて面接とかはしないんですけど、お店が年齢などを確認することがあるので、パスポートや免許証などの身分証も携帯しておくと困らずに済むでしょう。

必要な持ち物というよりも、一応持っておきたいのが、口臭予防にもなるフリスク的なものや、寒さ対策などのためのストールなど。
待機している時間もあるかもしれないので、あるととても便利です。

ぐすたぼ

キャバクラ派遣の派遣会社の人には「名刺入れもって行ってね」とは言われてなかったんだけど
昼職時代の名刺入れがあったし、なんとなく持って行ったらキャバクラのボーイさんに褒められた事があるよ!

だいたい、派遣のキャバクラ嬢は1回限りの出勤の人が多いから名刺入れを持ってこない人が多いんだって!
だけど、お客さんは派遣キャバクラ嬢の事をまさか”派遣”なんて事は知る由もないからさ、名刺くれるし、「ぐすたぼちゃんの名刺ちょうだい!」って言ってくるのね。

そーゆー時に名刺入れがあると本当に便利!
絶対に必須ってわけじゃないけどね。

  レンタルが可能なものもあります


画像参照元:http://d-u-p.jp/blog/partydress/20170913

キャバクラでお仕事をする時には必要になる持ち物なんだけど、お店や派遣会社でレンタルすることが可能なものもいくつがあります。
代表的なものは、ドレスと靴。
バッグなども貸してくれるところがありますね。

夜のお店で働くのが完全に初めての女の子の場合には、多分キャバクラで働く用の衣装は持っていないので、最初はレンタルする形になるはず。
無料で貸してくれるところもありますし、有料レンタルになる場合もあるので、事前に確認しつつ、もし有料の場合には衣装を借りるためのお金も少々用意しておくようにしましょう。

もしお仕事を続けるようであれば、ドレスや靴は買ってしまった方がお得に済むかもしれません。
毎回有料でレンタルしていたら大変ですし、それに、誰かが着たもの履いたものを毎回着用するのに抵抗を感じる女の子もいるのでは?

できるだけテンションが高い状態でお仕事に臨むためにも、何度かお店でのお仕事を体験してみた後でもいいので、自分専用のドレスや靴を用意しておくことをおすすめします。