正直に伝えるか酔っ払ったフリで回避!

お酒に強い弱いは体質なので、弱い人は無理に飲むのは避けるべきです。
でも、キャバクラ嬢のお仕事をしていてお客様にお酒を勧められたら断りにくいですよね。
いくら派遣のキャバクラ嬢でも無下に断るのは、ちょっと気が引けちゃうでしょう。

もしお酒が飲めない女の子がお客様にお酒を勧められたら、「私、お酒飲めないんですぅ」と正直に伝えてみてください。
最近は無理やりお酒を飲ませようとする男性もかなり減ってきているので、こんな言葉一つで回避可能ですよ。

こういう言葉を発する時にはコツもあります。
困った表情で可愛く言う、これを意識するようにしてください。
本気で泣くわけではないですけど、泣きそうな感じも入れながら可愛く言えば、それ以上お酒を飲むことを強要されることはまずありません。

もしくは、酔っ払ったフリをして回避を試みてみましょう。
開店から時間が経って入店してきたお客様に対しては、この酔ったフリがとても有効です。

とろ〜んとした眼差しで言ってあげれば、より効果的。
「代わりに飲んでください」と言葉を付け足すことで、ドリンクバックのあるお店だったら、自分のお給料をさらに稼ぐこともできちゃいますよ。

  お店に事前に飲めないことを伝えておきましょう

お酒が飲めない女の子は、お仕事をするお店に対して、事前に飲めないことを伝えておいてください。
お店側もそれが確認できれば、無理に飲むようには言いませんし、何かと配慮してくれるようになります。

例えば、裏でお酒を作って持ってきてくれる時にアルコールを抜いたり、そんな気遣いをしてくれます。
無理をしなくてもいいように、ちゃんとお酒が苦手であることを出勤時に伝えておくようにしましょう。

キャバクラ店には、ソフトドリンクも必ず用意されています。
自分は何も飲まずにお客様だけに飲ませるというのは、それはそれで失礼になるので、ジュースやお茶など、きちんとソフトドリンクを頼むようにしてください。

もちろん、お客様に対して「飲んでもいいですか?」と聞き、了解を得てから注文すること。
この辺りは事前にマナー研修のような形で勉強することになりますから、特に戸惑うことはないでしょう。

ジュースのような飲み物でも、飲んだ時に満足気な表情をしたり、「美味しいです」とお客様に対して言えば、男性客はそれはそれで満足してくれます。
お酒じゃなくてもこの効果は同じですから、飲めないなら、むしろ堂々と飲めないことを武器にして、お客様を虜にしてしまいましょう!

ぐすたぼ

私は基本的にお酒が好きだし、全然飲めるんだけどたまに「体調が悪くてあんまり飲みたくないな」とか「薬飲んでるから、お酒は飲めないな」って時があるのね。
そんな時はどーするかというと、普通にお酒を頼んでるふりをしつつこっそり、ノンアルコールを飲むわけ!

お店にもよるけど、専用のハンドサインとかもあってお客さんにわからないようにしたり工夫してるんだよね。
まぁ、本当に飲めない子や上手く演技出来ない子は、正直に「お酒が飲めません」って言った方が気持ち的に楽だよ!

お客さんによっては「お酒じゃなくてもいいよ、梅昆布茶にする?」とか優しい言葉をかけてくれる人もいるしね!
とにかく、飲めないのに無理して飲むのは体によくないから我慢はしないようにね!